不確かさ推定のイノヴェイションー日本からglobal standardへー

平成18年10月13日に明治製菓講堂(東京都中央区京橋)で開催された「平成18年度厚生労働科学研究費補助金 政策創薬総合研究推進事業 研究成果発表会」。以下の記事は,この発表会での発表要旨またはこの研究班の報告書に含まれている内容です。

電気化学検出LCの高感度化と技術評価

「FUMI理論に基づくRSD の予測は、不確かさ推定のイノベーションとして注目される。本稿では、FUMI 理論の活用による、電気化学検出液体クロマトグラフィー(LC)における高感度化と技術評価について紹介する。」

LinkIcon詳しくはこちら

FUMI理論による粉末X線回折の精度推定

「粉末X 線回折測定による品質試験法の開発に当たっては、多くのくり返し測定による検討が不可欠となり、多くの時間と労力が必要となっている。」

LinkIcon詳しくはこちら

FUMI理論による粉末X線回折の精度推定

「この記事は,医薬品開発時における粉末X線回折測定の精度推定にFUMI理論を応用した研究です。平成18年10月13日に明治製菓講堂(東京都中央区京橋)で開催された「不確かさ推定のイノヴェイション-日本からglobal standardへ-」において,北原進一氏により発表された研究成果の要旨です。」

LinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ